Proj
J-GLOBAL ID:202104002504221722  Research Project code:10102530

本質安全性を有し、かつ巧緻的ハンドリングが可能なハンド

本質安全性を有し、かつ巧緻的ハンドリングが可能なハンド
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学部, 教授 )
Research overview:
現在、産業用ロボットのハンドあるいはグリッパは特定物の把持・搬送に用いられるものが多く、不定形状物や柔軟物の把持は困難である。一方、研究レベルではセンサを多用した多関節ハンドの研究があるが、高価、大規模制御システムを要すること、そして本質的安全性の面で問題点がある。 本研究開発では不定形状物を把持でき、かつ柔軟物にも対応できるハンドの開発を行った。開発した人工指は指部に一切センサを用いずに、簡単な制御で不定形状物を把持でき、また把持力調節もできる。その意味で本質的安全を有し、生産工程での応用はもとより、医療・福祉現場、あるいは宇宙・海洋開発、原子力発電所などでの応用が考えられる。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page