Proj
J-GLOBAL ID:202104002568265677  Research Project code:09156702

精神疾患の病態に関与する脂質の同定と診断マーカーとしての有用性検討

精神疾患の病態に関与する脂質の同定と診断マーカーとしての有用性検討
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学系研究科 )
Research overview:
我々はヒト精神疾患のモデルマウスとして、脳内のオメガ3系脂肪酸代謝に関わるFABPノックアウトマウスを世界に先駆けて報告した。これは、脳内の脂肪酸代謝異常が精神疾患の発症や病態につながるという、新しい概念を提示するものである。本研究では、FABP7ノックアウトマウスを用いて、ヒト精神疾患の診断や病態把握に有用な、脂肪酸および脂肪酸代謝物質の同定を試みる。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page