Proj
J-GLOBAL ID:202104002629505633  Research Project code:09157627

高鮮度食資源の安全保障に寄与するカンピロバクターの定量的蛍光イメージング法の開発

高鮮度食資源の安全保障に寄与するカンピロバクターの定量的蛍光イメージング法の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院水産科学研究院, 教授 )
Research overview:
カンピロバクターは世界規模で問題視されている食中毒細菌で鮮度の高い生食肉で感染リスクが高い。本課題では「微好気条件下での集落形成培養」と「種特異的蛍光遺伝子プローブの反応」を融合させた培養併用蛍光in situ ハイブリダイゼーション(FISHFC)法を利用し、高温性カンピロバクターの24時間以内での分別定量法を開発する。また食品流通過程での本菌群の生態を理解し、食資源のリスク管理向上に寄与する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page