Proj
J-GLOBAL ID:202104002742093511  Research Project code:7700009946

血中終末糖化産物(AGE)測定による新しい血管障害マーカーの確立

血中終末糖化産物(AGE)測定による新しい血管障害マーカーの確立
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部第三内科 )
Research overview:
我々は、これまでに加齢や糖尿病状態で促進的に形成、蓄積される終末糖化産物(Advanced glycation end products,以下AGE)が、糖尿病血管合併症や動脈硬化症の発症、進展に関わっていることを、in vitroの培養細胞の系ならびに動物モデルの系で明らかにしてきた。その過程で多々あるAGEの中でもグリセルアルデハイドに由来するAGEが、血栓傾向や血管新生、内皮細胞障害などtoxicAGEとして作用することを見いだしてきた。しかしながら、各種病態における当該AGEの血中レベルは明らかでない。本研究では、グリセルアルデハイドに由来するAGEを特異的に認識する抗体を用いたELISA測定系を確立し、当該AGEの血中レベルが新たな血管障害マー力ーとなる可能性を検討するものである。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page