Proj
J-GLOBAL ID:202104002963315110  Research Project code:12101604

ポストペタスケール時代のメモリ階層の深化に対応するソフトウェア技術

ポストペタスケール時代のメモリ階層の深化に対応するソフトウェア技術
National award number:JPMJCR1281
Study period:2012 - 2017
Organization (1):
Principal investigator: ( , 学術国際情報センター, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1281
Research overview:
メモリの速度性能・容量の伸びが、メニーコア化するプロセッサの伸びに追いつかないという、メモリウォール問題は、今後のスパコンアーキテクチャにおいて顕著となり、気象・医療・防災などの重要なシミュレーションをさらに大規模化・精緻化する上での障害となると考えられています。その解決のために、不揮発メモリも含めた異種のメモリを混在させたスパコンアーキテクチャを想定し、それを有効活用するコンパイラ・メモリ管理技術・シミュレーションアルゴリズムなどにまたがった新しいソフトウェア技術の研究開発を推進します。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page