Proj
J-GLOBAL ID:202104003033931127  Research Project code:11102565

ヒストン修飾の動態を可視化検出するための系の確立

ヒストン修飾の動態を可視化検出するための系の確立
National award number:JPMJPR11S6
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , ERATO宮脇生命時空間情報プロジェクト, 研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR11S6
Research overview:
エピジェネティクスは遺伝子の塩基配列によらない発現制御機構であり、ヒストンのアセチル化・メチル化・リン酸化などの化学修飾がその中心の一つを担っていると考えられています。このヒストンの化学修飾を可視化検出することを可能にする蛍光プローブをシリーズで揃え、分化誘導・再生の際に細胞内で起きるエピジェネティックな動態変化を解明することを目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: エピジェネティクスの制御と生命機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page