Proj
J-GLOBAL ID:202104003311672782  Research Project code:10101938

右手/左手系複合差動伝送線路による薄膜コモンモードフィルタ

右手/左手系複合差動伝送線路による薄膜コモンモードフィルタ
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , その他部局等 )
Research overview:
数GHz帯の情報通信機器を対象としたコモンモードフィルタの開発を目的とし、右手/左手系複合差動伝送線路原理に基づく薄膜デバイスの研究開発を行った。目標仕様は、数GHz帯で差動信号伝送損失が1dB以内、同相ノイズ減衰量が20dB以上で、10mm角程度以下に小型化することである。本研究開発により設計したデバイスは、4ユニットセル(約2×4mm2サイズ)で同相ノイズ減衰量20dBが得られ、大幅な小型化が図れた。一方、差動信号伝送損失は7dB程度と大きな結果となった。損失の主因は線路抵抗成分であり、線路断面積拡大や線路長短縮の必要性が明らかとなった。今後、インダクタ要素の小型化・低損失化が実用化の要点であり、磁性薄膜の適用などの対策が課題である。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page