Proj
J-GLOBAL ID:202104003591505541  Research Project code:7700000878

神経難病におけるタンパク質リフォールディング・分解能検出系の構築

神経難病におけるタンパク質リフォールディング・分解能検出系の構築
National award number:JPMJPR0174
Study period:2001 - 2004
Organization (1):
Principal investigator: ( , 疾病研究第4部 )
Research overview:
アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患は、いずれも“蛋白質の不溶化”という病態を共有しています。多くの場合これらの疾病が中年期以降まで発症しないのは、もともと生体内に備わるタンパク質リフォールディング・分解能のためと考えられます。これら2つのパラメーターの測定系を確立し、神経変性への関わりを明らかにするとともに、根本治療につながる化合物・タンパク質のスクリーニングを行っていきたいと考えております。
Research program:
Parent Research Project: 情報と細胞機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page