Proj
J-GLOBAL ID:202104003765165923  Research Project code:12102312

シーケンス制御システムの構築支援ツール向け基盤モジュールの開発

シーケンス制御システムの構築支援ツール向け基盤モジュールの開発
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 電子技術部 )
Research overview:
シーケンス制御プログラムのXML化されたソースコードをエンジニアリングツール等で利用するためのライブラリ等を開発するにあたり、XML化されたソースコードの記述内容を扱うためのデータ構造について検討した。ただし、特定のXML表現への依存を避けるため、そのデータ構造を表現しやすい中間フォーマット(別のXML表現)を介在させることとした。また、国際規格IEC61131-3のプログラミングモデルの階層性、あるいはXML表現の階層性に着目し、必要な情報の位置を特定するための記述としてのパス表現を提案した。これらの結果をもとに、シーケンス制御プログラムのXML化されたソースコードを利用するためのライブラリ及びビュワーをJavaにより開発した。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page