Proj
J-GLOBAL ID:202104003777084864  Research Project code:09157629

画像の同時性補償をした超高速度X線フレーミングカメラの開発

画像の同時性補償をした超高速度X線フレーミングカメラの開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 情報工学科, 准教授 )
Research overview:
一般的な超高速度カメラは、光電効果を用いて光画像を電子の空間密度に変換し、パルス状の電界を加えることで、ナノ秒、ピコ秒の超高速シャッタリング動作を行う。本課題の目的は、超高速度X線フレーミングカメラの画像の同時性を光電子の走行時間を制御することで補償することである。目的の走行時間を得るためには、光電面を僅かに傾けるだけでよく、可視光ではこれで同時性補償は達成できる。X線の場合には透過力が高いため、全てが光電面で変換されずに一部が透過してしまうので、このアプローチだけではうまくいかない。そこでキャピラリプレートを用いて透過する不要なX線を減衰させる。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page