Proj
J-GLOBAL ID:202104003828335689  Research Project code:18071044

提示系心理情報学に基づくインタラクション基盤確立

提示系心理情報学に基づくインタラクション基盤確立
National award number:JPMJCR18A3
Study period:2018 - 2023
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR18A3
Research overview:
情報提示と人間の心身への影響を心理学的アプローチにより定式化する。同時に情報提示介入前後で脳計測を行うことで、それぞれの情報提示技術が個人に与える影響を事前にスクリーニングする技術を構築する。得られた心理効果は、観光や学習、エンタテインメントなどさまざまな領域で実証実験を行い、実践的な利用法の確立と、情報提示ガイドラインの策定を行う。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page