Proj
J-GLOBAL ID:202104003830762136  Research Project code:19205858

レーブグラフの順序定式化の数理とデータ解析

レーブグラフの順序定式化の数理とデータ解析
National award number:JPMJAX1906
Study period:2019 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 材料科学高等研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJAX1906
Research overview:
レーブグラフの新たな定式化であるレーブ順序は,0次と1次のパーシステントホモロジーの両方を取り入れている等,既存手法にない特徴を持ち理論方面へも応用方面へも大きなポテンシャルを有します.本研究は,安定性・収束性・計算量といったレーブ順序法の基礎を確立し,その定式化の圏論的一般化,計算可能距離付け等の課題を解決していき,位相的データ解析手法としてのレーブ順序法のさらなる応用を目指すものです.
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 数理・情報のフロンティア
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page