Proj
J-GLOBAL ID:202104004001322230  Research Project code:12101744

優良盲導犬の効率的育成と普及率の向上

優良盲導犬の効率的育成と普及率の向上
National award number:JPMJRX12A3
Study period:2012 - 2015
Organization (1):
Principal investigator: ( )
Research overview:
日本では1,000頭余りの盲導犬が実働しているが、その需要は5,000頭とも8,000頭ともいわれており、恒常的な供給不足が続いている。日本の盲導犬の普及率は、先進諸国の中では最も低く、その改革が望まれて久しい。本活動では、盲導犬事業所との協働により、性格関連遺伝子の多型解析による盲導犬適性の解析技術が盲導犬の効率的な育成のために活用し得ることを実証して、制度・体制面の整備を含め、全国の盲導犬事業所にこれら育成技術の利用と普及を促進する。
Research program:
Parent Research Project: 研究開発成果実装支援プログラム(公募型)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page