Proj
J-GLOBAL ID:202104004031634865  Research Project code:12102752

ハイスループットな環境リスク評価のための線虫イメージング法の開発

ハイスループットな環境リスク評価のための線虫イメージング法の開発
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医学部, 特任助教 )
Research overview:
ハイスループットな環境リスク評価法として質量顕微鏡法による線虫のイメージング法の開発を行った。本研究では条件最適化による検出感度の上昇とモデル環境下で変化するマーカーの同定を目標とした。マトリックスの選択と塗布法などの最適化により、脂質(PC)を検出するために十分な感度を得ることができた。また脂質合成の変異体とパラコート処理を用いて得られたイメージを比較することで、特異的に変化する生体分子を多数検出することができた。今後は1)より高解像度で検出できる機器の利用。2)より多検体を検出しハイスループット化する方法の検討。3)毒性の低い薬剤を用いたマーカー同定。などを検討し研究を続行する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page