Proj
J-GLOBAL ID:202104004072182065  Research Project code:7700005550

可視光応答光触媒スパッタ膜による環境ホルモンの分解

可視光応答光触媒スパッタ膜による環境ホルモンの分解
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部 )
Research overview:
近年、環境ホルモンの生活環境中での残存が社会問題となり、水環境の汚染による生殖異常や癌化が報告され、人類の生存基盤の確保が難しくなってきた。そこで、本研究ではTiO2光触媒がもつ有機物分解作用に注目し、従来のゾル-ゲル微粒子薄膜を用いない高速・低温スパッタ薄膜化技術を導入した。さらに、実用化を考えると可視光を用いる次世代光触媒の研究・開発が必要であると考え、TiO2/WO3二層膜を反応性スパッタ法で形成し、環境ホルモンの分解実験を行い、TiO2単層と比べ、可視光応答に関する二層化の効果について調べる。太陽光による光触媒反応を利用してその原因物質の除去・低減を行い、環境ホルモンの生態系への影響を詳細に調べ、人類の生存基盤の確保に寄与することを目的とする。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page