Proj
J-GLOBAL ID:202104004136687670  Research Project code:09157825

iPS細胞を用いた薬物代謝酵素誘導評価可能な新手法の開発

iPS細胞を用いた薬物代謝酵素誘導評価可能な新手法の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 薬学部 )
Research overview:
薬物の投与による薬物代謝酵素の誘導は薬理効果を低下させるために、薬物の投与時あるいは医薬品の開発の過程において薬物代謝酵素誘導を予測することが求められている。しかしながら、現在簡便かつ正確に使用できる酵素誘導の評価系がまだ確立されていない。本研究では簡便でより正確にその予測を可能とするために、ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた薬物代謝酵素誘導の新規評価系の構築することを目的とする。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page