Proj
J-GLOBAL ID:202104004224282338  Research Project code:08003945

神経回路網における損傷後の機能代償機構

神経回路網における損傷後の機能代償機構
National award number:JPMJCR04K1
Study period:2004 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生理学研究所 )
Research overview:
神経回路が損傷を受けた場合、残存する回路により機能代償が行われることは経験的に知られていますが、そのメカニズムは不明です。本研究では、霊長類モデルを用いて、脊髄において錐体路の損傷後に生ずる手指の運動機能回復及び大脳一次視覚野の破壊後に残存する視覚機能の回復について、遺伝子からシステムレベルまで解析を行い、その機能的・物質的基盤の解明を目指します。これらの成果はリハビリテーションにおいて新しい方策の開発に繋がるものと期待されます。
Research program:
Parent Research Project: 脳の機能発達と学習メカニズムの解明
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page