Proj
J-GLOBAL ID:202104004316552803  Research Project code:19196901

レドックス環境応答能を持つ歯周病細菌由来の膜小胞

レドックス環境応答能を持つ歯周病細菌由来の膜小胞
National award number:JPMJPR19H1
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点, 主幹研究員・独立研究者 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19H1
Research overview:
環境中の細菌がつくるバイオフィルムでは、電子が細菌間を移動することでバイオフィルム内部の細菌活性が保たれる「電気共生」が知られています。本研究では、歯周病の原因となる口腔バイオフィルムが形成される際に細菌が分泌する膜小胞の役割を電気共生の観点から解明します。酸化還元特性を持つ膜小胞とバイオフィルム内細菌との相互作用に独自の電気化学や質量分析手法で迫り、病原細菌を検出・制御する技術へと発展させます。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生体における微粒子の機能と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page