Proj
J-GLOBAL ID:202104004387537694  Research Project code:7700000654

推論・思考を可能にする神経回路

推論・思考を可能にする神経回路
National award number:JPMJPR02Q5
Study period:2002 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 学術研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR02Q5
Research overview:
ヒトで頂点に達する創造する能力は、どのような神経メカニズムに支えられているのでしょうか?このメカニズムを実験的にかつ詳細に明らかにするためには、実験動物を用いた神経科学的研究が不可欠です。本研究は、ヒトに近い脳構造をもつマカーク類のサルに連想・推論を必要とする認知課題を学習させ、その行動を実験心理学的に調べると同時に、課題遂行中の被検体の前頭連合野・線状体からニューロン活動を記録・解析することにより、刺激間の連想さらに推移的推論を可能にする神経回路の基礎を明らかにします。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 協調と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page