Proj
J-GLOBAL ID:202104004407833104  Research Project code:7700008520

塩基性ペプチドを用いた抗肥満剤の開発

塩基性ペプチドを用いた抗肥満剤の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 総合科学研究支援センター, 助教授 )
Research overview:
すでに,魚の精巣由来のプロタミン,小麦ふすま由来のピュ-ロサイオニン,微生物由来のポリリジンなどの塩基性ペプチドが強い膵リパーゼ阻害作用を持つことを報告している.これらの塩基性ペプチドは腸管での膵リパーゼ阻害を通じて,脂肪の分解・吸収を抑制し,肥満を予防し,高脂血症,動脈硬化症,糖尿病などの生活習慣病を予防する食品素材である.これら塩基性ペプチドの膵リパーゼ阻害機構についても詳細な研究成果を報告している.本研究では動物実験でこれらのペプチドの肥満動物に対する有効性,生体での最小有効濃度等について検討する.これらの結果を基に肥満や生活習慣病の予防に効果的な塩基性ペプチド剤を開発する.
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page