Proj
J-GLOBAL ID:202104004446706020  Research Project code:10101932

民生用建築における低温排熱利用を目的とした小型吸着冷凍機の開発

民生用建築における低温排熱利用を目的とした小型吸着冷凍機の開発
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学(系)研究科(研究院), 助教 )
Research overview:
本研究では、低温排熱で駆動する吸着冷凍機の民生用建築への導入を実現するため、小型吸着冷凍機の開発を目指している。本システムは1つの吸着ベッドで間欠運転を行うため、システムの小型化が可能であるが、冷房効果の周期的変動が課題となる。そこで、室内の温度変動に吸着冷凍機の運転形態が与える影響を評価した。脱着-予冷-吸着-予熱という吸着サイクルの各過程時間を最適化した結果、冷凍能力およびCOPの向上が見込めることがわかった。さらに、室温の変動を±1~2°C程度に抑えることが可能であることを動的なシミュレーションによって示し、今後の開発につながるシステムの設計指針を示すことができた。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page