Proj
J-GLOBAL ID:202104004534628846  Research Project code:19198483

クーロン効果潜熱輸送による放熱型熱電発電素子

クーロン効果潜熱輸送による放熱型熱電発電素子
National award number:JPMJPR19I9
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , ナノ材料研究部門, 研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19I9
Research overview:
膨大な未利用熱の有効利用は持続可能社会の構築に不可欠です。一方、デバイスの熱を効率的に除去することは半導体の高集積化に必須です。本研究では、「熱電発電」と「放熱」という相反する性質の熱マネジメントを両立する「放熱型熱電発電」を実証します。クーロン効果により巨大潜熱を示す新規流体の熱輸送能を可視化するとともに、流体の電荷流を電圧変換することで、従来にない除熱機能を備えた熱電発電の創成を目指します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 熱輸送のスペクトル学的理解と機能的制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page