Proj
J-GLOBAL ID:202104004543881627  Research Project code:19204432

科学的エビデンスに基づく社会インフラのマネジメント政策形成プロセスの研究

科学的エビデンスに基づく社会インフラのマネジメント政策形成プロセスの研究
National award number:JPMJRX19B1
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX19B1
Research overview:
道路、橋梁、トンネルなどに代表されるインフラの老朽化が顕在化し社会問題となる中で、その補修や更新に関するマネジメント政策の重要性が増している。しかし、現状のマネジメント政策は、ベテラン技術者の長年の経験と知識に基づいて形成されており、暗黙知的な前例、経験主義であるという批判を免れない。 本プロジェクトでは、実務で獲得される点検ビッグデータの統計的劣化予測手法によりインフラの劣化曲線や寿命を推定し、これを科学的エビデンスとしてインフラのライフサイクル費用の最小化を達成するマネジメント政策の形成・実践につながる方法論を開発する。さらに、実務における政策立案者を交えた研究会を立ち上げ、研究者と実務者で研究成果を共有しながら、科学と政策の共進化を目指す。
Research program:
Parent Research Project: 科学技術イノベーション政策のための科学
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page