Proj
J-GLOBAL ID:202104004735938878  Research Project code:13410592

コンピュータビジョンに基づいた昼夜にロバストな道路診断解析システムの開発

コンピュータビジョンに基づいた昼夜にロバストな道路診断解析システムの開発
Study period:2013 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , その他部局等 )
Research overview:
コンピュータビジョン技術を利用して、クラック、ポットホール、轍などの道路損傷計測手法の開発ための目標として、次の2点を挙げた。 (i) 夜間における計測を可能とする。 (i i)道路破損の一種である轍の計測を可能とする。 実験車両により撮影した道路画像に従来手法であるパーコレーション法のみを適用したクラック計測では、横方向や幅のあるクラックが十分計測できず、ノイズへの耐性が十分でなかったのに対し、提案する計測手法では、ノイズを抑制した計測結果を得ることができた。また、夜間にレーザラインを用いることで轍の計測も可能にした。しかし、夜間画像のコントラストは十分とはいえない。今後は、コントラスト強調処理などの前処理を行い、精度向上を図る。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page