Proj
J-GLOBAL ID:202104004763766306  Research Project code:11101619

可溶性シグレック-7 によるナチュラルキラー活性化と転移抑制の2面的癌治療法の開発

可溶性シグレック-7 によるナチュラルキラー活性化と転移抑制の2面的癌治療法の開発
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医学部 )
Research overview:
シグレック7認識糖鎖構造に特異的に結合し、Siglec-7を介する抑制性シグナルをブロック可能な可溶性シグレック7を、まずIgG Fcとの融合タンパク質として発現させた後、プロテアーゼ3Cにより切断し、不必要なFc部分をプロテインAカラムにて除去した。その結果、概ね2mgの活性タンパク質が得られた。一方、RT-CESシステムを用いて、大腸癌細胞株DLDに対する簡便なNK活性測定法を樹立して、前述の可溶性シグレック7の添加の効果を観察した。その結果、シアル化タンパク質発現DLDに対してはNK活性の低下が認められたのに比して、この系に可溶性シグレック7を加えると、NK活性が元のレベルに回復することが判明した。現在、実験腫瘍に対するin vivo 効果を観察するための系を構築中である。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page