Proj
J-GLOBAL ID:202104004811663646  Research Project code:08068630

ヒ素系防腐剤処理をした木材中に含まれるヒ素の簡易定量法

ヒ素系防腐剤処理をした木材中に含まれるヒ素の簡易定量法
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部, 教授 )
Research overview:
ヒ素系木材防腐剤(CCAなど)は特に防腐、防蟻効果が高いので、過去に電柱や建物土台として多く使用されてきた。近年、このような建造物を解体し、木材をリサイクルする場合に、木材中に含まれるヒ素の存在が問題視されるようになった。本課題の目的は、CCA処理木材中に含まれるヒ素の簡易定量法を開発することである。まず、木材中のヒ素を損失なくかつ簡易に溶液化する方法を開発する。そして、この溶液中のヒ素の簡易分析法と効果的に結合させる。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page