Proj
J-GLOBAL ID:202104004821604095  Research Project code:09157989

基盤免疫賦活により感染防御効果を発揮する新規魚類用飼料の開発

基盤免疫賦活により感染防御効果を発揮する新規魚類用飼料の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命環境科学研究科, 教授 )
Research overview:
わが国の魚類養殖において多くの伝染病が発生し、毎年大きな経済的損害をこうむっている。基盤免疫賦活による感染防御能の誘導は、ワクチンとともに有力な予防手段のひとつである。本研究は、細菌と酵母の共棲発酵産物のコイ「穴あき病」予防効果について、研究室内での小規模実験では得られないデータを取得するため、野外試験によりそれを確認し、感染防御能を有する魚類用飼料の開発を行うことを目的とする。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page