Proj
J-GLOBAL ID:202104004928984109  Research Project code:16812632

記憶痕跡活動の可視化が開く記憶の新たな操作法

記憶痕跡活動の可視化が開く記憶の新たな操作法
National award number:JPMJPR1684
Study period:2016 - 2019
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学薬学研究部(医学) )
Research overview:
記憶は、学習時の情報の入力に応答して活性化した一群の神経細胞に蓄えられることが実証されています。この細胞を“記憶痕跡細胞”と呼びます。本研究課題では、学習前・学習中・学習後の記憶痕跡細胞に特有の活動パターンを観察することで、記憶の情報処理のタイミングを見出します。さらに、得られた情報をもとにして、記憶痕跡細胞の活動を操作し対応する記憶の質的変化を調べることで、記憶の新しい操作法の確立を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page