Proj
J-GLOBAL ID:202104004948753219  Research Project code:13414927

デグロン変異細胞創出のための基盤技術開発

デグロン変異細胞創出のための基盤技術開発
National award number:JPMJPR13A5
Study period:2013 - 2016
Organization (1):
Principal investigator: ( , 国立遺伝学研究所 新分野創造センター, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR13A5
Research overview:
植物ホルモンオーキシンが植物内において引き起こす分解反応を非植物細胞に移植することにより、ごく短時間に標的タンパク質をオーキシン依存的に分解する方法を開発しました。本研究ではこの独自開発したオーキシン誘導デグロン(AID)法を利用して、1.5〜2ヶ月以内に内在性因子を自由に発現調節できるヒト培養細胞の創出を目指します。また、AID法を発展させるための技術改良にも取り組みます。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 細胞機能の構成的な理解と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page