Proj
J-GLOBAL ID:202104004961250706  Research Project code:11104653

LIMAS 装置の活用・普及促進

LIMAS 装置の活用・普及促進
National award number:JPMJSN11E6
Study period:2011 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院理学研究院, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN11E6
Research overview:
【装置】 本プログラム「プロトタイプ実証・実用化タイプ」において開発した「レーザーイオン化質量分析ナノスコープ(LIMAS) 装置」を開放(共同利用)します。この装置は、探査衛星が持ち帰った惑星上の物質や宇宙塵などに代表される、その量が極めて限られた貴重なサンプルを分析するために、ポストイオン化や高速の質量分析として新しい手法を導入し、より高感度化を狙ったものです。 【内容】 本装置を開放(共用)することにより、はやぶさ採取試料を含む宇宙試料の全元素分析や年代測定が可能となり、世界の宇宙科学の最先端分析を先導することが期待されます。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page