Proj
J-GLOBAL ID:202104005038211699  Research Project code:09157972

高導電性・高透明性を有するロール型交互積層薄膜の開発と応用

高導電性・高透明性を有するロール型交互積層薄膜の開発と応用
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 理工学部, 准教授 )
Research overview:
近年、タッチパネルをはじめとするディスプレイ表面には透明導電膜が多用され、酸化インジウムを主とするレアメタルにより真空プロセスで作製されている。同材は輸入に依存している為、国内産業においては、国際競争に耐えうる安価な材料・製膜方法の開発が求められる。本課題では1kΩ以下の高導電性、可視光透過率85%以上の高透明性をもつ透明導電フィルムを交互積層法により、導電性高分子を用いて作製し、物性を評価する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page