Proj
J-GLOBAL ID:202104005114275367  Research Project code:19217252

プラスチック微生物叢構造制御による分解速度制御

プラスチック微生物叢構造制御による分解速度制御
National award number:JPMJMI19E7
Study period:2019 - 2023
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学府, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJMI19E7
Research overview:
生分解性プラスチックの実環境中での生分解性は現状の知見のみでは予測が困難であり,このことは生分解性プラスチックの実用化を阻んでいる原因の一つになっています。特に海洋中で生分解するプラスチックは,現在のところほとんど存在しません。本課題では,実環境中でのプラスチックの分解機構を明らかにするために,環境中でのプラスチックの分解時のプラスチック表面マイクロバイオーム構造をオミックス解析を通して,明らかにします。ここで得られる種々のデータを関連付け,生分解性プラスチックにおける海洋環境分解パラメータを決定します。 将来的に,本研究課題で得られる基盤データを活用し,新しい海洋生分解性プラスチックの創出を実現します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 地球規模課題である低炭素社会の実現「「ゲームチェンジングテクノロジー」による低炭素社会の実現」
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page