Proj
J-GLOBAL ID:202104005154604037  Research Project code:11101328

α’マルテンサイト相を利用した航空機用Ti合金材の粉末鍛造加工成形法の開発

α’マルテンサイト相を利用した航空機用Ti合金材の粉末鍛造加工成形法の開発
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 金属材料研究所, 助教 )
Research overview:
本研究では、粉末冶金法(P/M法)による航空機用Ti合金(Ti-6Al-4Vを中心として)のα'相を利用した新組織制御とTiB2を用いたセラミックス強化 複合化技術による技術と素材の提案を行うことを目的とした。具体的には既存の航空機用Ti合金(Ti-6Al-4V合金)の特性(室温で強度:1000MPa以上、室温伸び:13%以上)以上を示す組織条件、加工条件の最適化を目指した。その結果、10vol.%のTiB2生成で、SPSと熱間加工(1000°C-高速変形)を最適に組み合わせることで、等軸(α+β)組織中にTiB2が微細に分散した組織が形成され、室温での強度が1100MPa以上、更には1000°Cの高温ではTiB2無添加材に比べて約1.5倍以上の高強度特性を示すことが明らかとなった。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page