Proj
J-GLOBAL ID:202104005181911545  Research Project code:7700000618

Rho類似G蛋白質の神経回路網形成に果たす役割

Rho類似G蛋白質の神経回路網形成に果たす役割
National award number:JPMJPR01RD
Study period:2001 - 2004
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学研究科, 助手 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR01RD
Research overview:
複雑な神経回路網が形成されるためには、神経細胞移動・神経突起伸長・軸索経路探索・シナプス形成などの各ステップが正確に行われることが必須です。本研究では、神経細胞が大きく形態を変化させるこれらの各段階において、個々のRho類似G蛋白質およびその上流・下流の細胞内情報処理機構が、どのように時間的空間的に関与しているのかを、スライス培養法、子宮内エレクトロポレーション法、コンディショナルノックアウト法などにより、明らかにしていきます。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: タイムシグナルと制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page