Proj
J-GLOBAL ID:202104005187242980  Research Project code:14532150

ビッグデータ統合利活用促進のためのセキュリティ基盤技術の体系化

ビッグデータ統合利活用促進のためのセキュリティ基盤技術の体系化
National award number:JPMJCR1404
Study period:2014 - 2019
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1404
Research overview:
ビッグデータの解析結果は新製品開発など様々な活用が期待され、データ収集・解析・利用の促進・定着は重要です。本研究はビッグデータの収集・解析・利活用・所有者還元をセキュアかつフェアに実現する安全かつプライバシに配慮したビッグデータの流通プラットフォームを実現します。各種セキュアビッグデータ統合的利活用社会システムへの展開により、国際標準化の先導と情報産業の次世代主導権の獲得などの波及効果が望めます。
Research program:
Parent Research Project: ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page