Proj
J-GLOBAL ID:202104005191412482  Research Project code:18069778

三次元的変形と力伝達を両立可能な着衣型能動デバイス

三次元的変形と力伝達を両立可能な着衣型能動デバイス
National award number:JPMJPR185A
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR185A
Research overview:
これまで伝達・共有が困難であった人の動作情報を利活用できる社会を目指し、衣服として常用可能、かつ、衣服自体の伸縮で多面的に力を伝達して動作を教示する新しい着衣型デバイスを研究します。三次元的に変形可能、かつ、三次元的に力を伝達可能な布型デバイスの構成と制御法を明確にします。柔軟な布型デバイスを用いた上半身用着衣型デバイスを開発、上半身動作の教示実験を通し、身体動作の直接的な教示効果を検証します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page