Proj
J-GLOBAL ID:202104005208676136  Research Project code:17940822

寄生線虫性転換を誘導する環境/植物シグナルの解明

寄生線虫性転換を誘導する環境/植物シグナルの解明
National award number:JPMJPR17Q5
Study period:2017 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 農学部, 専任講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR17Q5
Research overview:
本研究のねらいは、植物寄生線虫において性転換を誘導する環境・植物シグナルを特定するとともに、線虫性転換の分子機構を明らかにすることです。本研究で得られる成果は「フィールドにおける、植物寄生線虫の人為的性比コントロールを通じた線虫被害の新規防除技術の開発」を実現するための基盤となります。この技術は農薬に大きく依存したこれまでの線虫防除法を大きく変え、地球環境へ配慮した作物生産の実現を推進します。
Research program:
Parent Research Project: フィールドにおける植物の生命現象の制御に向けた次世代基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page