Proj
J-GLOBAL ID:202104005341398181  Research Project code:11104232

ドーナツ型ポリオキソモリブデートを基盤とした機能材料の開発

ドーナツ型ポリオキソモリブデートを基盤とした機能材料の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 生命科学部 )
Research overview:
本研究では、ナノチャネル構造を示す大環状ポリオキソモリブデート(GR-POxMo)の材料としての機能評価を行うことを目的とする。まず、GR-POxMo単体でメソポーラス特性評価を行ったが、測定の前処理操作でナノチャネル構造が崩壊することがわかった。そこで、有機分子と複合化して、ナノチャネル構造を安定化させることを検討した。液晶性有機分子をGR-POxMoに導入した複合体は、導入した液晶分子のHydrophile-Lipophile Balance (HLB)が小さい場合に液晶性を発現し、規則的な凝集構造をとることがわかった。いろいろな構造の有機分子と複合化し液晶性を評価した結果、HLBが小さいほど液晶相を示す温度範囲も低下することがわかった。今後、複合体の規則構造を詳細に調べ、ナノチャネル構造を示すことを確認した後、メソポーラス機能やプロトン伝導性評価を行う。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page