Proj
J-GLOBAL ID:202104005570558230  Research Project code:10102460

加工澱粉の製造効率を改善することができる新奇の粒径を持つ澱粉粒の開発

加工澱粉の製造効率を改善することができる新奇の粒径を持つ澱粉粒の開発
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 資源植物科学研究所 )
Research overview:
これまでに澱粉粒の形状が野生型と異なるイネの変異系統を6系統 (ssg1-ssg6変異体) 単離し育成している。本研究ではこれらの変異体の澱粉を精製し、糊化特性ならびにアミロペクチンの鎖長分布という物理化学特性を測定した。これら物性は加工澱粉の製造効率に直接影響を及ぼす重要因子である。また、新奇物性を示す澱粉を開発することは、将来の澱粉育種に極めて重要である。本研究によりssg1, ssg2, ssg3変異体の澱粉は難糊化性を示し、ssg6変異体では易湖化性を示すことが分かった。また、ssg1, ssg2, ssg3変異体では、アミロペクチンの鎖長分布においても野生型とは異なる分布を示した。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page