Proj
J-GLOBAL ID:202104005622258281  Research Project code:08068606

工学的手法を利用したハダムシの寄生を予防する新技術の確立

工学的手法を利用したハダムシの寄生を予防する新技術の確立
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 安全食品部, 研究員 )
Research overview:
ブリ類養殖において、ハダムシ(Neobenedenia girellae等)の寄生は病原体の感染門戸となり、大きな産業的被害をもたらしている。現在、ハダムシへの対策は淡水浴を中心とした、寄生後の駆除に主眼が置かれている。今回の研究では、ハダムシ卵の付着しやすい材質や付着構造を明らかにし、寄生前にハダムシ卵をトラップする工学的手法を用いた新たな駆除方法を考案する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page