Proj
J-GLOBAL ID:202104005740924431  Research Project code:08069789

磁気-フェライト処理による余剰汚泥の減容化システムの開発と応用

磁気-フェライト処理による余剰汚泥の減容化システムの開発と応用
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学資源学部, 教授 )
Research overview:
下水処理等で発生する余剰汚泥は年間4,000 万トンとも言われ、その処理には2 万円/トンも必要となっている。これを減容化するため、本研究では汚泥中に入れたフェライト粒子を外部磁場によりコントロールし、余剰汚泥を粉砕・減容化する方法を開発するものである。特に外部磁場の照射方法とフェライト粉体の動き、余剰汚泥の粉砕・殺菌効果を詳細に調べ、ミニプラントを作製し汚泥減容化効果を調べ、最終的にゼロエミッションを目指すものである。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page