Proj
J-GLOBAL ID:202104005847819649  Research Project code:7700000621

Non-coding RNAとエピジェネティックな修飾の協調的遺伝子発現制御

Non-coding RNAとエピジェネティックな修飾の協調的遺伝子発現制御
National award number:JPMJPR02R2
Study period:2002 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 助手 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR02R2
Research overview:
RNAのメチル化やヒストンの修飾が協調的にクロマチン構造の変化を引き起こし、遺伝子発現を制御していることが明らかになってきました。また、non-coding RNAがいろいろな作用機序で遺伝し発現を調節していることも分かってきています。我々は、ほ乳類に特有なX染色体不活性化をモデルにしてnon-coding RNAとエピジェネティックな修飾のクロストークによる不活性クロマチン形成機構に迫りたいと考えています。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: タイムシグナルと制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page