Proj
J-GLOBAL ID:202104005863784693  Research Project code:09154042

ウイルス感染感受性およびワクチン接種必要性診断技術の開発

ウイルス感染感受性およびワクチン接種必要性診断技術の開発
National award number:JPMJSN09B7
Study period:2009 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 疾患酵素学研究センター, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN09B7
Research overview:
感染予防対策において、社会を感染から守るには感染リスクの高い人を予め診断して優先的にワクチン接種する必要があります。ウイルスが最初に感染する鼻腔や気道の抗ウイルスlgA抗体量が、個人の感染感受性を判定する最も良い指標であることをコホート研究から初めて明らかにしました。本開発では、鼻汁と血液の極微量検体で感染リスクを迅速に診断し、ワクチン接種の必要度を診断するハイスループット汎用型アレイを開発します。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page