Proj
J-GLOBAL ID:202104006031594475  Research Project code:7700005313

圧力推定装置による高性能射出成形機の開発と実現

圧力推定装置による高性能射出成形機の開発と実現
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部 )
Research overview:
射出成形機で作られるプラスチック製品は、携帯電話ボディをはじめ車のバンパなど日常品から産業用まで重要な素材となっている。日本で生産される射出成形機は、約18000台/年、約2000億/年であり、今後益々増える傾向にある。射出成形機の圧力制御はロードセルなどの力覚センサの値をフィードバックして行われている。センサの装置への導入コストが非常に高く、またセンサに不具合が生じた際に重大な事故につながることが大きな問題となっている。そこで本研究では、外乱オブザーバ技術に基づく力覚センサレス圧力推定装置を新たに開発し、安価で高性能、且つ安全性を確保した射出成形機を開発し実用化を行う。この技術は全ての産業機械に応用可能であり、我が国の産業基盤技術形成を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page