Proj
J-GLOBAL ID:202104006040656882  Research Project code:7700005894

アミノ末端を利用した蛋白質プローブ技術の開発

アミノ末端を利用した蛋白質プローブ技術の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部生命工学科 )
Research overview:
蛋白質を標識しプローブ化することによって,微量にしか存在しない蛋白質自体の解析や,相互作用分子同定など様々な解析が可能になる。本応募課題においては、未だ効率の良い標識法が確立されていない蛋白質アミノ末端に限定して標識分子を導入し、蛋白質のプローブ化を行う手法の開発を行う。本申請では特にプローブ化後の利用を視野にいれ、(1)短時間にて、(2)幅広い波長に対応した蛍光分子を、(3)95%以上の標識効率にて、(4)どのような蛋白質にも導入することを目標とする。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page