Proj
J-GLOBAL ID:202104006066547844  Research Project code:09156957

体内菅腔縮小用次世代経カテーテルデバイスのクリップ開発

体内菅腔縮小用次世代経カテーテルデバイスのクリップ開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学研究科, 准教授 )
Research overview:
完全閉口せず微小クリップを用いて欠損孔を縮小する次世代の菅腔治療用経カテーテルデバイスの開発を行ってきた。そのカテーテルデバイスのクリップについて、超弾性特性を示す材料を適用し、形状、動作についてプロト開発を試みる。形状記憶合金線によるスプリングコイル加工・リング形状加工し、超弾性による形状復元力(スプリングバック)を調査する。クリップに必要な復元力をもつ構造を検討する。針格納機能のクリップへの付与を試みる。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page