Proj
J-GLOBAL ID:202104006221971682  Research Project code:17937974

オプトバイオロジーの開発による体液恒常性と血圧調節を司る脳内機構の解明

オプトバイオロジーの開発による体液恒常性と血圧調節を司る脳内機構の解明
National award number:JPMJCR1754
Study period:2017 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 基礎生物学研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1754
Research overview:
脳は常に体液(血液や脳脊髄液)の状態をモニターしており、その情報に基づいて水分/塩分の摂取行動や血圧の制御を司っています。しかし、その詳しいメカニズムはわかっていません。 本研究では「近赤外光による遺伝子発現制御法」と色変換型Ca2+インジケーターによる「マルチファイバー解析法」を開発するとともに、「神経路選択的遺伝子導入法」を用いて、体液恒常性や血圧調節を担う脳内機構と神経回路を明らかにします。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 光の特性を活用した生命機能の時空間制御技術の開発と応用
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page