Proj
J-GLOBAL ID:202104006337906918  Research Project code:18071227

子どもの貧困対策のための自治体調査オープンデータ化手法の研究

子どもの貧困対策のための自治体調査オープンデータ化手法の研究
National award number:JPMJRX18B2
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 人文科学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX18B2
Research overview:
地方自治体は膨大な社会調査データを保有しているものの、それらを必ずしも十分に政策形成に活用できていない現状にある。データが外部に公開されていないために自治体関係者以外が利用できないほか、他の自治体と連結が可能な形でデータを作成、保有していないことから、他の自治体との比較や個別自治体を越えた大規模な分析を行うことも困難となっている。 本プロジェクトは、子どもの貧困対策を題材としながら、自治体における調査データのオープンデータ化の手法の開発およびその普及を行う。そのために、近年多くの自治体が実施している子どもの貧困実態調査のデータを収集・統合し、分析を行う。その上で、子どもの貧困対策に関する政策提言を取りまとめることにより、協力自治体に成果を還元するとともに、埋もれているデータの活用の有効性を示す。 さらに、これら活用事例を積極的に発信することにより、子どもの貧困分野に限らず、さまざまな分野の調査データのオープンデータ化を促進し、政策科学の発展を促す。
Research program:
Parent Research Project: 科学技術イノベーション政策のための科学
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page