Proj
J-GLOBAL ID:202104006384834208  Research Project code:16812503

高速光操作による記憶行動を支える脳回路同期機構の解明と回復

高速光操作による記憶行動を支える脳回路同期機構の解明と回復
National award number:JPMJPR1681
Study period:2017 - 2019
Organization (1):
Principal investigator: ( , アーバイン校医学部 )
Research overview:
本研究では、記憶行動中のマウス記憶回路(海馬および嗅内皮質)で生じる「脳オシレーション同期」を、電極から記録した脳活動をもとに、高速光操作法により人工的に抑制または増強し、神経細胞の発火活動と動物の記憶行動への影響を計測します。これにより、脳記憶回路の情報交換メカニズムを解明するとともに、アルツハイマー病モデルマウスの脳回路機能の回復を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page