Proj
J-GLOBAL ID:202104006504146300  Research Project code:16815359

大強度広帯域周波数もつれ状態の実現と応用

大強度広帯域周波数もつれ状態の実現と応用
National award number:JPMJCR1674
Study period:2016 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1674
Research overview:
広帯域周波数量子もつれ光とは、2つの光子が、それぞれ広い周波数帯域(エネルギー)にわたり存在する状態です。本プロジェクトでは、導波路型チャープ擬似位相整合素子や窒化シリコンリング共振器を用い、広帯域周波数量子もつれ光を大量に発生する光源を開発します。また、開発した光源により、1μm以下の超高分解能をもつ、量子・古典ハイブリッド光断層撮影システムや、量子もつれ時間分解分光法など、あらたな量子光計測技術の実現を目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page